ホーム > 大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査について
当院の大腸内視鏡検査なら、
その場でポリープの切除まで可能。

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査は、内視鏡を肛門から挿入し、大腸の中の様子を調べる検査です。
レントゲンやCTでもある程度大きながんは発見できますが、やはり大腸の中を直接診ることのできる大腸内視鏡検査が、今のところ最も優れた検査方法となっています。
現在の内視鏡は、色素をまいてポリープを着色させたり、画像を拡大して組織の様子を細かく観察したりすることもできるようになっています。

大腸内視鏡検査の必要性

大腸がんは、血便・下痢・便秘・残便感・お腹の張り・腹痛・貧血といった症状が現れることもありますが、初期段階ではほとんど自覚症状がないため、大腸内視鏡検査で早期発見することが重要です。
大腸がんの患者数は高齢になるほど多くなり、当院では、特に40代以降の方は一度検査を受けておくことをお勧めしています。
早期発見できれば、ほぼ100%の確率で治りますので、しっかりと早期発見・早期治療の重要性を認識し、検査を受けるようにしましょう。

こんな方にお勧めです
 運動不足
 飲酒量が多い
 野菜よりも肉をよく食べる
 肥満
 タバコを吸う
 40歳以上で一度も大腸内視鏡検査を受けたことがない
 便潜血検査に引っかかった
 便に異常がある(血便、便秘、下痢など)

当院の大腸内視鏡検査の特徴

ラクに検査を受けられます
当院の大腸内視鏡検査の特徴

大腸は曲がりくねっているため、胃内視鏡検査よりも操作技術が必要とされ、人によっては痛みなどを感じてしまうことがあると言われています。
しかし、当院では、高い技術を持ち、豊富な経験を積んできた医師のみが検査を行っておりますので、ご安心ください。
基本の操作方法はありますが「いつでもこうすれば大丈夫」という決まったやり方があるわけではありませんので、ラクに受けられるようにするためには、とにかく患者さんの腸の形や体質に合わせることが重要です。
さらに、患者さんごとに配合した麻酔を使って検査を行いますので、検査中、痛くてつらいということはほとんどありません。

最新の内視鏡を導入しています

100倍以上の倍率で、検査時にがんの判定ができるくらい画像がきれいな大腸内視鏡を導入しています。
また、スコープも柔らかくなり、スコープの技術の進歩によってこれまでよりもさらに患者さんの負担が軽減されます。

ポリープは、その場で切除できます

当院では、検査中にポリープが見つかった場合は、組織検査用に一部だけ採取するのではなく、その場で全て取り除いてしまいます。(その後、組織検査にかけてがんであったのかどうかの判定はします)
ただし、ポリープを切除するためには別の機器が必要な場合や、患者さんが後日の処置をご希望される場合には、改めて別の日に処置を行うこともあります。
大腸のポリープは、切除に緊急性が求められることはありませんので、後日改めて処置をすることになった方もご安心ください。

入院施設も完備されています
入院施設も完備されています

ポリープの除去までしても、ほとんどの方はその日のうちに歩いてお帰り頂くことができます。
ただし、脳や心臓の病気で血液が固まりにくくするお薬を飲まれている方や、検査後の出血のリスクの高い方などは、そのまま当院で一晩入院して頂くことも可能です。
どのように進めていくのかは、患者さんによって異なりますので、事前にしっかりと話し合いをして、合意を取りながら検査・治療を行うようにしています。

炭酸ガスを使用しています

大腸の中をよく診るためには、気体を送り込んで膨らませる必要があります。
以前は空気を使用していたため、検査後にお腹が張ってしまうことがほとんどでしたが、現在は炭酸ガスを使っていますので、自然とガスがお腹の中に吸収されていきます。

痔の治療を受けられる方へ

痔で出血していると思っていたが、調べてみたら実は大腸がんができていたという方は珍しくありません。
痔の治療を先に行ってしまうと、大腸がんやポリープがあっても治療しづらくなってしまうため、痔の検査と同じタイミングで大腸内視鏡検査も行うことをお勧めしています。
痔の手術や注射(ジオン注)も、専門医のいる当院にご相談ください。
服部外科内視鏡検査・治療外来 服部外科胃腸科医院監修 お問い合わせは 048-862-3799

新着情報

一覧を見る

2015/04/30

WEBサイトを公開しました

アクセス



【住所】
埼玉県さいたま市南区別所5-6-12
※埼京線「中浦和駅」より徒歩4分
※無料駐車場あります(20台分)

【電話番号】
048-862-3799

詳しくはこちら