ホーム > 設備・衛生管理について

設備・衛生管理について

設備・衛生管理について
検査結果まで、その日のうちに。
治療も、当院で。

問診から検査・治療まで、全てを当院内で行っていますので、何度も違う病院を行ったり来たりする必要はありません。一人ひとりのご都合に合わせて柔軟に対応させて頂きますが、概ね、以下の流れで診療が進んでいきます。

初回ご来院

初回ご来院

より適切な方法やタイミングで検査を実施するためには、まずは患者さんのことをきちんと知ることが重要です。
そのため、当院ではできるだけ最初に問診に来て頂くようお願いしており、現在の身体の状況はもちろん、これまでに罹った病気、飲んでいるお薬、治療に対するご希望、生活習慣などをお伺いしています。
その際に、検査の予約を取って頂き、改めてお越し頂くことになります。

★当日の検査も可能です 
症状や当日の検査状況及びご希望によっては、当日の内視鏡検査にも対応しています。

検査前日〜当日の朝

前日の夜からお食事を控えて頂き、大腸内視鏡検査を受けられる方は下剤を飲み始めて頂きます。なお、お水の摂取は可能です。

ご来院

事前にご案内した時間にご来院頂き、当日の流れや体調の確認をしていきます。
また、大腸内視鏡検査を受けられる方は、引き続き、お腹の中が空っぽになるまで腸管洗浄をして頂くことになります。
自宅でお腹を空にしてからの来院の場合と、来院後に腸管洗浄液を内服していただく場合があります。

麻酔

当院では、ラクに検査を受けて頂くことを大切にしており、麻酔を使用してウトウトした状態にしてから内視鏡を挿入していきます。
使用する麻酔は1種類ではなく、患者さんの体質や、どのくらい苦痛を和らげたいかというご希望に合わせて、オーダーメイドで調整していきます。
同じ麻酔薬だけを使うと、人によってはラクになり、人によっては苦痛を感じるということが多いのですが、それでは意味がありません。
大事なのは麻酔を使うことではなく、「ラクに検査を受けられる」ということです。そのためにも、事前の問診で患者さんのことをよく知ることが重要なのです。

検査

検査

胃内視鏡検査はお口(または鼻)から、大腸内視鏡検査はお尻から、それぞれカメラを挿入していきます。
初めての方や、過去につらい思いをした方もご安心ください。
当院では、ほとんどの方が「思ったよりラクだった」「これなら毎日やってもいいくらい」といった感想を口にされています。
なお、胃内視鏡検査は5分程度、大腸内視鏡検査は15分程度で終了します。

治療後

治療後は院内で安静にして頂き、麻酔が切れて目が覚めてきましたら、検査結果を説明させて頂きます。
その際、検査結果を分かりやすい言葉で記載したレポートを患者さんにお渡ししています。
ここまで終わりましたら、そのままご帰宅頂けます。

後日

組織検査

大腸内視鏡検査中にポリープが見つかり切除した場合は、組織検査に出しますので、その結果を後日説明させて頂きます。

治療

万が一、がんが見つかった場合には、当院で腹腔鏡手術による治療を行います。ただし、かなり大きながんになっている場合には、提携先の病院を紹介させて頂くこともあります。

服部外科内視鏡検査・治療外来 服部外科胃腸科医院監修 お問い合わせは 048-862-3799

新着情報

一覧を見る

2015/04/30

WEBサイトを公開しました

アクセス



【住所】
埼玉県さいたま市南区別所5-6-12
※埼京線「中浦和駅」より徒歩4分
※無料駐車場あります(20台分)

【電話番号】
048-862-3799

詳しくはこちら