ホーム > 胃内視鏡検査

胃内視鏡検査について

胃内視鏡検査について
「つらそう」「二度と受けたくない」
・・・そんな方に、来て頂きたい。

胃内視鏡検査とは

胃内視鏡検査は、内視鏡で食道・胃・十二指腸の様子を調べる検査で、カメラは口もしくは鼻から挿入します。
希望により当院では鎮静剤を使用して検査を実施します。

胃内視鏡検査の必要性

胃の様子を調べる方法としては、バリウム検査もありますが、胃内視鏡検査の方が小さな病変まで発見することができ、組織の一部を採取して検査にかけることも可能です。
さらに、バリウム検査で異常が見つかった場合には、やはり胃内視鏡検査も改めて行わなければならないため、最初から胃内視鏡検査を実施した方が患者さんの負担は少なくて済みます。

こんな方にお勧めです。
 胃痛がある
 胸焼けがする
 胃がもたれる
 体重が減少した
 40歳以上で一度も胃内視鏡検査を受けたことがない
 親が胃がんになった経験を持っている
 親がピロリ菌検査を受けて陽性反応が出た

当院の胃内視鏡検査の特徴

ラクに検査します
当院の胃内視鏡検査の特徴

胃内視鏡検査を受けるにあたって、最も心配なのが「苦しさ」や「嗚咽」だと思います。
当院では患者さんの体質に合わせて、しっかりと効く麻酔を配合していますので、怖いと心配していた方も寝ている間に検査は終わってしまいます。
そのため、過去に別の医院で胃内視鏡検査を受けて、二度と受けたくないと言われていた方が、また検査を受けてもいいと仰ることも珍しくありません。
これからも、「知らないうちに終わった」と言ってもらえるように、ラクな胃内視鏡検査を追求していきます。

ピロリ菌検査

ピロリ菌は、胃がんになるリスクを高めることが分かっており、当院では様々な方法でピロリ菌の検査を実施しています。
ご両親が胃がんになった経験がある、もしくはピロリ菌を持っていることが分かっている場合は、特に早めにピロリ菌検査を受けておくようにしましょう。
服部外科内視鏡検査・治療外来 服部外科胃腸科医院監修 お問い合わせは 048-862-3799

新着情報

一覧を見る

2015/04/30

WEBサイトを公開しました

アクセス



【住所】
埼玉県さいたま市南区別所5-6-12
※埼京線「中浦和駅」より徒歩4分
※無料駐車場あります(20台分)

【電話番号】
048-862-3799

詳しくはこちら